MENU

信州ブレイブウォリアーズ

SHINSHU
BRAVE WARRIORS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 長野市のホームアリーナ及びホームタウン受け入れの発表について

長野市のホームアリーナ及びホームタウン受け入れの発表について

 日頃より、信州ブレイブウォリアーズの活動にご理解、ご協力いただきまして誠にありがとうございます。   
 この度、長野市 加藤市長様より信州ブレイブウォリアーズのホームアリーナ、及びホームタウンの受け入れについて本日発表がありました。本発表を受けまして、下記に弊社代表取締役社長である片貝雅彦よりコメントを公表させて頂きます。

 本日、長野市加藤市長の発表を受けまして、率直に大変有り難い事と受け止めております。弊社としてB1ライセンス基準に充足する収容規模をもつアリーナ施設「ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)」をホームアリーナとして公式戦を開催できること、また長野市内でホームタウン活動を展開できることは大変有難く、長野市 加藤久雄市長様をはじめ多岐に亘りご尽力頂いた同市文化スポーツ振興部様、同アリーナ施設の使用日程調整にご理解とご協力を頂いた各競技団体の皆様にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。
 また同時に、ウォリアーズの創設シーズンより活動拠点として物心両面に亘り継続的ご支援を賜りました千曲市 岡田昭雄市長様をはじめとする千曲市、千曲商工会議所、戸倉上山田商工会、社会活動団体、後援会、そして全千曲市民の皆様に感謝申し上げます。
 千曲市には、引き続きホームタウンとして、ご協力とご支援をお願い致します。
 今後はBリーグの理事会承認を経る必要がありますが、長野市がウォリアーズのホームタウンとして追加された際には、長野市及び千曲市の市民の皆様をはじめ、多くの県民に愛されるチームを目指し、地域の活性化に貢献できるよう努めさせていただく所存でございます。
 弊社は「バスケットボールを通じて信州をもっと元気にします!」の活動理念のもと、長野市、千曲市両市から、長野県全域の活性化と長野県バスケットボールの普及・強化の為全力疾走致します。日本一、そして世界に羽ばたくクラブを長野県から目指して参ります。
 引き続きウォリアーズへの応援を宜しくお願い申し上げます。
 

株式会社信州スポーツスピリット
代表取締役社長 片貝 雅彦

チケット購入はコチラチケット購入はコチラ